Gokitou

安産祈願

安産祈願は、谷地八幡宮の御祭神「応神天皇」の御母「神功皇后」が、安らかに御子をお産みになられたことにあやかって、安産の守護神として、母と子の幸せをお祈りいたすものです。妊娠五ヶ月目の《戌の日》を選び、安産の祈願をお受けして着帯の祝いを行います。

「犬」は、昔から安産のマスコットとして人々に愛されてきました。お産が軽い身近な動物にあやかり、《戌の日》にお母さんと赤ちゃんの無事を願い、安産祈願を行うようになったと言われています。